遺言の必要性

相続トラブルを未然に防ぐ最も効果的な方法は「遺言書を書くこと」です。
遺言書に「財産を誰に何をどのように分割したいのか」を明記することで、相続人による争いを防ぐ
ことができますし、遺言書を書くことで法定相続人以外の特定の人を指定して、財産を渡すこともで
きます。

以下に該当する場合は遺言書の作成をお勧めします。

1. 家族、親族間が不仲で、相続トラブルになりそうな気がする場合
2. 離婚歴があり、元妻との間に子供がいる場合
3. 贈与や子供の教育費等で、既に子供間で金額的不公平感がある場合法定相続人ではないが、お世話
  になった人や遺産を遺したい人がいる場合、子供や同居して面倒を見てくれる人、後を託せる人が
   いない場合など。
     

遺言を書くメリット

相続トラブルを未然に防ぐ最も効果的な方法は「遺言書を書くこと」です。
遺言書に「財産を誰に何をどのように分割したいのか」を明記することで、相続人による争いを防ぐ
ことができますし、遺言書を書くことで法定相続人以外の特定の人を指定して、財産を渡すこともで
きます。

以下に該当する場合は遺言書の作成をお勧めします。

1. 家族、親族間が不仲で、相続トラブルになりそうな気がする場合
2. 離婚歴があり、元妻との間に子供がいる場合
3. 贈与や子供の教育費等で、既に子供間で金額的不公平感がある場合法定相続人ではないが、お世話
  になった人や遺産を遺したい人がいる場合、子供や同居して面倒を見てくれる人、後を託せる人が
   いない場合など。
     

遺言書作成サポート料金

項  目 内  容 料  金

遺言書の起案作成
相続人・相続財産を確認ののち、ご依頼者の意志を最
大限反映しながら、遺言書の内容を固めてゆきます。
遺留分その他も考慮してご提案いたします。
31,500円~
公証役場とのコー
ディネート
公証役場との記載内容の確認、訪問日程等 の調整をい
たします。 また、現地での公証人とのやりとりについても
指導いたします。  
31,500円~


戸 籍の収集、相続財産の確定等をご依頼の場合は別途料金が発生いたします。

各種ご相談・ご依頼の流れは下のバーナー、もしくはこちらご覧ください。     

受付の流れはこちら

料金目安

  • 贈与税申告  20,000円~
  • 遺言書起案作成30,000円 ~
  • 相続税申告 300,000 円 ~  

(表示価格は税抜) 

MAP

ハンドブック
相続税・贈与税の総額試算コーナーへ